グリーンエコートップページ ガーデニングコラム

いつが完成?

 ガーデニングを実践している方はもう既にお気付きの事と思いますが、これから庭創りを始めようとされている方に取りましてはガーデンの完成がいつか錯覚されがちでありますので、少し説明させて頂きたいと思います。

 庭創りを専門業者に依頼される場合に一番勘違いされやすいのが、業者が庭を完成させてお客様に引き渡す時が完成だと思われがちですが、そこに大きな落とし穴がある事に気付いて頂く事が、最も重要な事です。
 人任せでまるで品物を購入する様な感覚で庭を創ると、とんでもないしっぺ返しを受けせっかく大金を捻出して創った庭が見るも無残な姿になるのは目に見えています。常々私が言っている事ですが、雑誌や施工例を見て庭のスタイルを決め、自分達に合っていない庭を創ると管理する事に歪が生じて庭がだんだん悪くなり、必然的に庭の手入れをしなくなり行く末はどうなるかは説明するまで無くお気付きになる事でしょう。私も最初の頃はそんな失敗も多く、残念に思った事がありました。決して失敗した訳ではありませんが、お客様のガーデンスタイルと自分の感じたものがずれていた訳だったと思います。本当の意味でお客様のライフスタイルや考え方を汲み取る事が出来なかったのは現実ですし、結果的にはレベルがまだまだ低かったと言うほかありません。まだまだ完成された訳ではありませんが日々少しづづですが前に進み、よりお客様にとってふさわしい物を創っていける様努力するのが我々ガーデン業者がしなければならない使命だと感じております。

 話が少しずれてしまいましたが、一度庭を創られる前に良く考えて自分たちがどれぐらい庭に時間をかけられるかまたどんなガーデンライフを過ごしていくかを考慮して、庭創りを始める事をお勧めします。

 いずれにしても庭には完成というものはありません、庭がありそこに住むご家族がいる以上終わりの無い世界に入るわけです。庭が完成したと思った時が、スタートだと言っても決して間違いではないでしょう。

 ゾーニングやデザインなどを大切にするのは当然ですが、植物の種類や管理のし易さ、またボリューム等も考えて無理の無い庭にして行きたいものです、あくまでも自然体で。なぜならば庭そのものが自然ですからね。

グリーンエコートップページ ガーデニングコラム
Copyrigsht(c) 2005 GreenEcho.Co.Ltd. All Rights Reserved.                          Web Produced by GreenEcho