グリーンエコートップページ ガーデニングコラム

人と庭との関わり合い

 日本人は歴史的に見ても、色々な形で庭にかかわりあってきましたが庭とは密接に暮らして来ました。とは言っても一般庶民にはいずれの時代も高嶺の花であった事は否めません。

 有名な社寺仏閣などを代表とする古典的な日本庭園は最近まで庭を総称するかのような形で捉えられて来ました。しかしながら最近ではスタイルや形にとらわれる事無く自由な発想で庭を楽しむ文化が浸透して来ました。

 古典的な庭ではごく一部の上流階級の人々だけが楽しむものであり、また茶庭などの庭はお客様をもてなす物として利用され、普段は誰にも見られる事のないような庭であるケースも少なくありませんでした。しかしながら時代の流れと共に、欧米諸国の文化が日本にも入ってきて、徐々に庭と言う文化を楽しむ様になって来ているのが今日のガーデニングブームであります。

 人々は色んな形で庭との関り合いを持って来ましたが、今日のガーデニングブームこそが最も理想的な形での庭との関り合いではないかと私は考えています。日本が豊かになったと事が一般庶民にもガーデンライフを楽しめる様になった訳ですが、それと同時に環境破壊が進みまたストレスを多く受ける世の中になってしまった事が、なお一層ガーデニングブームに拍車をかけているような気さえします。

 いずれにしても今日のガーデンニング文化をもっと浸透また発展させて、日本の人々にとって物質的に豊かなだけでなく、心をも豊かにさせるような庭との関り合いが出来るようなガーデニング文化でありたいものです。それと同時に環境破壊を少しでも食い止め、またそれを実感として感じる事が出来れば日本はもっと豊かな国になるでしょう。

 家庭生活と庭との関係はどんどん進化していますが、『家族の健康と幸せ』の為にあるべき庭で、もっと自由にもっと深く関り合い、ガーデニングを楽しんで、次世代の日本の子供たちの為にも大切にしていきたいものです。

グリーンエコートップページ ガーデニングコラム
Copyright(c) 2005 GreenEcho.Co.Ltd. All Rights Reserved.                          Web Produced by GreenEcho