グリーンエコートップページ ガーデニングコラム

無私され続ける土

 私が常日頃仕事として、ガーデニングの設計や施工をしている訳ですが、どのご家庭にお伺いしても、またそのご家庭のご近所を見渡しても、ガーデニングにおいて土を大切にされているお宅は、皆無といって言いぐらい無いのが現状であります、またその現実を見ていると悲しさを感情に覚える事が非常に多くあります。

 ガーデニングブームも定着してきて市場全体を見渡すと安定期にさしかかって来ており、色々なスタイルやテクニックで町並みを飾って行き交う人々の目を楽しませてくれている訳でありますが、どうも構造物ばかりが目立ち植物が上手に育っていないのが目に付いて仕方ありません。
 それらのお宅で土をチェックさせて頂くと、殆どの場合土には全く目が向けられておらず、お金や手間が掛けられていない状態です。むしろ気付かないというより『無視されている』様なきさえします。

 土がガーデニングにとってどれほど大切かと言う事は、ガーデニング上級者の方にはご理解頂けるはずですが、殆どの方はそんな基本的な事ですら知らない、いや気付かない訳で、その理由は簡単に説明する事が出来ます。
 それはなぜかと言うと、ガーデニングの全てを提供している我々設計施工業者や園芸店、メディア業者などに殆どの責任があると言っても過言ではありません。土は本来何処にでもありタダのものと言う認識が強く、付加価値がつきにくいものであります。その事が商品としての利益を阻み、提供する側があまり力を注がないのがひとつの理由ではないかと思います。またその土の欠点を利益の為に他の肥料や活力剤で補おうとする傾向も否めません。しかしながらそれを受け入れるユーザーの側にも責任が全く無い訳ではありません。

 表面的な美意識だけでガーデニングをとらえる事が、いかに方向がずれているかと言う事に早く気付く事が、ガーデニングを本当の意味で楽しむ為に最も重要である事は明確です。よくある社会問題としてペットの問題などを考えて頂ければよく解って頂けると思います。

 今回はテクニック的な事はお話できませんでしたが、土の状態をいかに植物にとって良い物にするかと言う事を、少しだけでも考えて頂き、ガーデニングをもっと実りあるものにして行く事が皆様にとっても、本当の意味で自然からより多くの恵みを受けられるのではないでしょうか。その基が強固な物であればあるほど、その上に築かれる物が素晴らしい物になる事は誰が考えても明白な事実です。

グリーンエコートップページ ガーデニングコラム
Copyright(c) 2005 GreenEcho.Co.Ltd. All Rights Reserved.                          Web Produced by GreenEcho