グリーンエコートップページ ガーデニングコラム

花たちの食卓(肥料の基礎知識3)

 花たちの食卓1及び2では肥料の成分やそれらの働きについてご説明させて頂きましたが、今回は肥料の種類や特徴などについて簡単に進めさせて頂きたいと思います。

 肥料の種類には化学的に分類すると有機質肥料と無機質肥料(化学肥料)に分けることが出来ます。有機質肥料は植物質や動物質など物が原料になっており、微生物により分解されることで根から吸収されます。効き目が遅いものが多く長く肥料の効果がありますので、長期的な意味で自然で健康な植物を育てることが出来る肥料です。また土中の微生物が活性化することで肥料だけではまかなうことの出来ない大きな効果も期待できます。しかしながら商品としての流通量も少なく品質も一定でない場合もありますので、信頼できるお店で十分に説明を受け使用されることをお勧めします。中には粗悪品もありますが基本的には十分な発酵がなされており分解が進んだものが理想的です。

 無機質肥料(化学肥料)は皆様が最もよく使われているであり馴染み深いものですが、これらの肥料は園芸店やホームセンターなどどこでも手に入れることが出来ますので一般的な肥料になっております。無機質肥料(化学肥料)の特徴は字のごとく薬品などを化学的に作られた肥料であり工場で作られているために製品の成分が安定しており、大量生産が可能なために価格も比較的安価であります。効果も速効的なものが多く管理する私たちのとってわかりやすいことから手軽に使うことが出来ますが、過剰に与えると多くの障害が発生することがあります。化学肥料を使う場合は植物の様子を十分観察しながら少しずつ与えていくことが失敗しない秘訣です。

 私は無農薬有機農法を最初に学びましたので化学肥料はあまり使うことはありませんが、植物が最も自然な形で生育させるためには可能な限り有機質肥料をお勧めしたいものです。有機質肥料はナチュラル志向のガーデニングファンの皆様にとって避けられないものであり、特に食べ物(果樹や家庭菜園)などを庭に取り入れていらっしゃる方などにとっては出来る限り有機質肥料の重要性を認識して頂きたいものです。口に入れるものであるが故に健康で自然なものを食する必要もある訳です。

 化学肥料は手軽で使いやすく非常に便利なものですが、ガーデニングを本当の意味で楽しもうとされている皆様にとりましては、何かが少し違うような感覚を感じられる方も多いようですがこの場合も植物と人間が同じであるいう概念があれば少しでも自然な形で楽しまれることが、より多くの楽しみにもなります。無理をせず少しづつ試されるうちに今まで体験したことのない意外な発見があるものです。

グリーンエコートップページ ガーデニングコラム
Copyright(c) 2005 GreenEcho.Co.Ltd. All Rights Reserved.                          Web Produced by GreenEcho