グリーンエコートップページ ガーデニングコラム

花たちの食卓(肥料の基礎知識4)

 自然界の植物では人為的に肥料を貰うなどということはありませんが、ガーデニングの世界では植物に肥料を与えることは必須条件です。自然界では植物の枯れ葉や動物の糞などを始めいろいろなものが効率よく循環しており、自然のサイクルのなかで肥料分を得ることが可能です。しかしながら我々が普段楽しんでいるガーデニングでは肥料になるゴミなども管理されることにより植物の必要な肥料は人為的に与えるしか方法はありません。特に植木鉢での栽培は根が伸びることに制限があり、限られた土の量、また外部と遮断されている事などから特に肥料を効率的に与える管理が必要です。

 ガーデニング初心者の場合やその他の殆どの皆様がこの肥料に対する関心が非常に低く、せっかく花苗を購入し植えてもその後の管理が悪くては素晴らしい結果を得ることは出来ません。『花たちの食卓(肥料の基礎知識1〜3)』では肥料の成分などをご説明させて頂きましたが、それぞれの肥料を使いながら効果を実感し、さらに肥料の知識を体で会得して頂きたいものです。

 私が肥料について特に気を付けていることは土造りにその原点がありますが、出来る限り自然に近い環境を整えることであります。そのことは植物にとって一番自然な環境で最も健康的に育てることが可能な方法です。しかしながら現実はなかなか思うようにはなりませんが、まずは植えた植物に肥料を与えることからスタートして下さい。一般的な化学肥料は多くの弊害もありますが最も導入しやすいものでありますので近くの園芸店などにご指導を頂き始めることが良いでしょう。

 このコラムをお読みの方に最も大切なポイントをご説明するならば、植物を人間または皆様が可愛いがっているペットだと思うことで根本にある大きな問題は解決するはずです。
ガーデニングを楽しんでいらっしゃる皆様のなかには水だけ与えているだけで肥料などやったことがない方も少なくないとおもいますが、もし人間やペットにたいして水だけしか与えなければ間違いなく命はありません。植物も他の生命体と同じで水も飲めば食事もするでしょう。また寝ることもあれば活動することもあるはずです。そのような感覚があれば植物たちが何を食べたがっているかは自然に理解できるようになってきます。

 肥料の与え方などは次号に続きますが、今回は肥料の重要性を理解して頂きたいと思います。皆さんが家族で食卓を囲むように木々や草花にも価値のある食卓が必要です。この機会に肥料についての知識を深めて頂ければ私にとってもこの上もない喜びです。

グリーンエコートップページ ガーデニングコラム
Copyright(c) 2005 GreenEcho.Co.Ltd. All Rights Reserved.                          Web Produced by GreenEcho