グリーンエコートップページ ガーデニングコラム

アーティストとデザイナー

 ガーデンデザイナーという職業が生まれてから、まだそれ程年月が経っていないのが実情ですが、庭造りを含む多種多様なデザイナーという仕事を勘違いしている場合が多々見受けられ、お客様サイドにも多大な迷惑がかかっている事は出来れば避けたいものであります。

 ガーデンデザイナーを含むデザイナーの仕事の大きなポイントは必ずクライアント(お客様)がいると言う事に他なりません。逆にアーティストとは自己の個性を最大限に表現する事が前提で作品等が出来上がった後に、それらにクライアントが発生するものであります。庭造りに携わるガーデンデザイナーは展示会等の発表の場以外は必ずクライアントからの依頼があって成立しますので、アーティスト的な発想で自己表現だけにポイントを置いて仕事を進めれば必ずクライアントに対して満足のいくものにはなりません。以上の事などからデザイナーという職業は、クライアントの心の奥深くまで入り込み気が付く要望のみならず潜在的な欲求まで満たす事が出来るのが、真のデザイナーという事が出来る訳です。しかしながら自己表現とクライアントの必要とするものに対しての線引きは非常に難しく一歩間違えればどちらかに極端に傾いてしまいバランスの悪い出来上がりになってしまいます。

 一般的に庭造りの世界を見れば当然まず始めに視覚で判断する事が優先され、ビジュアル的に見た目が最も大切なように誰もが感じる訳でありますが、この部分に大きな落とし穴が隠されている事は意外に気が付かないものであります。若手の多くのガーデンデザイナーを始め多くの方が気付いていないのが実情ですが、結局のところ一番迷惑を被るのがクライアントの皆さんになります。当然ビジュアル的には満足されている事と思いますが、末永く共に過していく庭であればこそクライアントが潜在的に望んでいる事を含む全てを叶える事が出来るように努力するのがガーデンデザイナーの仕事であるとを私を含むガーデン業界の人間は忘れてはならないまた日々注意しなくてはならない最も大切な事であると私は考えています。

 今回のテーマは非常に難しい問題でありますが、この事がガーデン業界の発展を大きく左右する事でありますし、お客様にとっても非常に大きな問題です。自己表現とクライアントの欲求という合い交える事のないものを、両立させる事が最も大きなウエイトを占める仕事であるといっても過言ではありませんし、全ての事を成り立たせる事の出来るバランス感覚はガーデンデザイナーにとって最も重要なセンスであります。幾重にもかさなるものがバランスを保つ事が出来ればその庭は素晴らしく最高の出来ばえになるという事です。

グリーンエコートップページ ガーデニングコラム
Copyright(c) 2005 GreenEcho.Co.Ltd. All Rights Reserved.                          Web Produced by GreenEcho