グリーンエコートップページ ガーデニングコラム

防腐処理剤の信頼性
 ウッドデッキはガーデニングを楽しむ上で多くの場面に登場し必要不可欠なアイテムの一つになりつつありますが、木材という素材の性格上湿度の高い日本の気候の中では耐用年数にも限界があります。しかしながら材料になる木材の種類の選択や処理の方法またメンテナンスを駆使すればウッドデッキの寿命もかなり延ばす事が可能です。

 日本に流通しているデッキ材には色々なものがありますが、高級な素材として知られているものにはカルフォルニアレッドウッドやウエスタンレッドシダーなどがあり、これらの種類は素材自体の持つ成分の中に腐食やシロアリに対してある程度の抵抗力があり、薬剤などを使用しなくても良いために人間を含むあらゆる生物に対して弊害が少ないのが特徴です。それらの樹種は他にもハードウッドと呼ばれるものがありますが、字の如く非常に硬い材木ですので本来の木の持つやわらかさなどはなく非常に無機質な感覚に近いものですので耐久性があるからといって癒しの場である庭の中での使用はあまりお勧めできません。

 次に上記で説明したプレミアムウッドと違い本来は耐久性がない木材を外で使用するために防腐効果やシロアリへの耐久性をあげるために、薬剤を利用して耐久力を向上させる方法がありますが、この方法が最もポピュラーな方法といっても決して過言ではないのが現実です。この薬剤を業界では防腐処理剤と呼んでいますが、防腐処理剤を使用した場合は価格もある程度抑えることが出来る事と、材料の流通量が多いため入手に手間がかからない事などから利用されるケースも多く、業者側の説明では『防腐処理剤を使用していますので大丈夫です。』と言われる場合が多いと思いますが、その信頼性にはかなりの疑問が残ります。

 防腐処理剤効果は確かに期待できるものですが、問題はどれくらいの耐久性があるかという問題には殆どの方が触れていない事です。ここで防腐処理剤がどのようにして処理されているかを簡単に説明させて頂きますが、防虫効果のある薬剤に圧力を加える事で材木の細胞に浸透させるものですが、いくら圧力を加えて薬剤を注入しても殆どの材木は木の表面のごくわずかな部分にしか浸透せず切断面などを見れば分かりますが材木の中心部などには全く到達していません。ひどいものは目で見ても分からないくらいのものもあり紙ほどの薄さのものもあるくらいです。

 仮に防腐処理剤がある程度浸透していたと仮定しても、中心部まで効果が無ければ意味は殆どありません。何故かと言えば材木は湿度や温度の変化によってひび割れなどが発生する事が常識の素材ですが、ひび割れなどを起こした材木の中心部には防腐効果がないといっても過言ではありませんが、実際にひび割れの部分から腐り始めるものも多数見てきたのも現実です。防腐処理剤の効果はある程度の信頼性はありますが、その言葉を完全に信用してしまう事は非常に危険な事であります。

 おおよそ全ての材木というものはいつかは朽ちてなくなる事を前提にしなければなりませんが、コスト面や信条などを前提によく吟味する必要は欠かせません。また防腐処理剤は人間には害はないという事になっていますが全ての薬剤が全く無害などという事はあり得ません。木を腐らせるバクテリアやシロアリが死んでしまう訳ですから、人体に影響がないだけで全く無害などという事は本末転倒な話以外のなにものでもありません。選択するのは庭造りを依頼したお客様の方ですが、長所も短所も十分な説明をする事は我々のような庭を提供する側の責任である事に違いはありません。

 ウッドデッキなどのガーデンアイテムは全ての条件を満たしているものは無く、朽ちてしまうものであるが故に素材の持つ特徴をしっかり理解し選択して頂く事により後から後悔するような事も避けられるものです。

グリーンエコートップページ ガーデニングコラム
Copyright(c) 2005 GreenEcho.Co.Ltd. All Rights Reserved.                          Web Produced by GreenEcho