グリーンエコートップページ ガーデニングコラム

言葉で評価できない庭
 
 庭の論評は雑誌などで色々な事が書かれており、我々にとりましてはごく当たり前の事であります。写真などでビジュアル的な事は分かりますし、内容についてはそれぞれの庭を説明した文章などで説明されていますが、見た目や言葉で表す事の出来ない部分も沢山あるのが現実です。

 私が常日頃思っている事ではありますが、本当の庭の評価は言葉では表現する事の出来ない部分が最も大切なのではないかという事です。特にガーデンの世界は五感だけに支配されるものではなく感覚的なものである第六感が刺激される事が顕著に影響するために、雑誌などのメディアなどの情報だけでは決して十分ではなく、また逆に言えば一般論で言う言葉などのコミュニケーションの道具だけでは不十分であり正確にその庭を感じる事は不可能な事です。

 『言葉で表現できない庭』とはそれぞれの庭そのものが現実的に持っている目に見えない感じる部分があるという事ですが、この事はいくらビジュアル的に美しくても意味を持たず、一瞬の刺激にすぎないか、また飽きの来ない本当の意味で癒される庭なのかというものに大きく分類されます。前者の瞬間的な刺激は確かに必要な事でありますが、この場合に注意していただきたい事は、実際に住んでいる場所に適しているかという事です。分かりやすく言うと刺激が強すぎて毎日見る事に飽きてしまう事です。美人は3日で飽きるということわざがありますが、いくら美しくても飽きてしまうような庭では全く意味がありません。逆にどこが良いのかよく分からないが何か癒されるものを感じ取れるような庭は飽きもきませんし、庭が本来持っていなければならない要素も十分存在する事がある訳です。

 私が常々造ろうとしている庭は正に『言葉で表現できない庭』でありますが、瞬間的な美しさも取り入れながら最も重要な要素である目で見る事の出来ない、何が良いか分からないが何故か心地良い庭です。そんな庭を造りあげる事が日々の思いであり、またそんな庭が必要なお客様が一人でもいらして下さればこの上ない幸せな事です。

 簡単に説明が出来てしまうようなものでは、本当に美しいものではありませんし、そんな薄っぺらなものでは人の心など癒せるはずもありません。またお客様ご家族が健康で幸せになる事などあり得る訳もなく、私が植物から学んだ多くの事を皆様にお届けする使命は果たせないでしょう。『言葉で表現できない庭』は言葉で表現しようのない庭であり、感じる庭そのものである訳です。自然の美しさに理屈などあるわけない事が庭を楽しむ心そのものです。


グリーンエコートップページ ガーデニングコラム
Copyright(c) 2005 GreenEcho.Co.Ltd. All Rights Reserved.                          Web Produced by GreenEcho