グリーンエコートップページ ガーデニングコラム

植物の維持管理
 ガーデニングを十分に満喫するにあたって、十分納得のいくデザインを構築する事は当然の事ですが、出来上がった庭に対しての維持管理、特に植物の管理は最も重要なものと言っても決して過言ではありません。植物を上手に管理する事はガーデニングに満足する事とほぼ等しく、上手に育てる事によって植物たちから無限のプレゼントを貰う資格も得る事ができます。

 植物の維持管理は相当量経験を積んだ経験者でも非常に難しい事でありますが、皆様にも決して出来ない事ではありません。潅水に始まり、施肥、消毒、剪定、除草などの清掃等々数え上げればきりはありませんが、一つ一つをしっかりこなしていけば最終的には必ずゴールにたどりつけるはずです。

 まとを得た植物の維持管理は非常に難しく感じていらっしゃる方が殆どだと思いますが、その事の大きな要因としてあげられるものの一つに、我々人間側の視点が大きくずれている事で、ただでさえ難しい事をより一層難解なものにしている事にさえ気づいていないという事をあげることが出来ます。簡単に言えば人間の思い込みが大きく邪魔をしているという事です。

 日常の生活の中でも思い込みによる過ちはどなたでも経験した事があると思いますが、知ってはいるはずなのに、理解する事ができていなくもちろん実践する事は極めて難しいものですが、自分自身の思い込みというエゴを捨てる事でその問題は解決するはずです。そんな事を言われても思い込みを全て捨てる事など人間には到底出来るはずもありませんし、そんなに難しい植物管理ならあきらめてしまおうと思う方も多くいらっしゃる事と思いますが、たった一回でも出来れば大きく目標に近づき、全く違う結果を得る事が出来ますので、そんなに悲観する必要もありません。

 植物の維持管理で一番必要な事は植物の気持ちになるという事で、人間の社会でいえば相手の気持ちになる事と同じであります。私の考えでは人間に対する事の方が植物よりはるかに難しく感じます。言葉をもつ人間とコミュニケーションをとることは一見簡単に見えるものですが、言葉を持つ故に難しくなっているものです。逆に植物とは物理的には意思を伝え合う事は出来ませんが、それが相手の気持ちを察する事に大きな効果をもたらしている事は決して否めない事実です。

 我々は情報過多な現代において色々な知識を得ていますが、その情報こそが言葉と同じで上手く使えば最高のものになるはずであるのに、根底にあるものを勘違いしているために、全く逆の効果が出てしまっている事は非常に残念な事であります。植物の維持管理が上手な人の共通点は間違いなく自分の視点でなく、相手の視点で物事をとらえ、そして実践しています。この事はプロやアマチュアという事は全く関係なく、趣味で楽しんでいらっしゃる方の中にもプロ顔負けのレベルをお持ちの方も結構いらっしゃいます。

 植物は何も文句を言いませんし、裏切る事は決してありません。皆様が思っただけ返してくれます。もっと言えば思いを捧げた何倍、何十倍も私たちを喜ばせ満足させてくれます。

植物の維持管理のコツの根源は、植物の気持ちになるだけで、誰でも出来る可能性があるという事です。

グリーンエコートップページ ガーデニングコラム
Copyright(c) 2005 GreenEcho.Co.Ltd. All Rights Reserved.                          Web Produced by GreenEcho