グリーンエコートップページ ガーデニングコラム

エアコンカバーの是非
 ガーデニングアイテムの中ですっかり見慣れてきたものの中にエアコンカバーがあり、このアイテムはホームセンターなどでもよく見かけるようになってきましたが、このエアコンカバーは不用意に取り付けるととんでもない落とし穴に落ちることになりかねませんので十分注意する事が懸命です。

エアコンの室外機は本当に無機質で品格がなく、機械的な姿が庭との調和を大きく妨げる厄介なものであるのが現状です。見た目に見苦しいエアコンの室外機をいかに庭と調和させるかは非常に難しい問題ですが、そのままにしておく事も出来ない厄介なものです。

エアコンの室外機を隠すためにエアコンカバーを設置する必要性は大きな効果をもたらします。エアコンカバーを設置するだけで見た目の問題はクリアーできますし、上面にガーデングッズや鉢花なども置けて美観はよくなりエアコン室外機の見苦しさは大きく改善されるのがエアコンカバー使用時の大きなメリットになります。

逆にエアコンカバーを設置する事により大きなデメリットがある事は意外に知られていないのが現状です。この問題はガーデン業界で仕事をしているプロでも見落としている事が多く、プロとして恥ずべき事であり、また十分考慮しなければならない重要な事であります。

エアコンカバーを設置する時の大きなデメリットとはエアコンの熱交換効率の問題であります。ここでエアコンの仕組みを簡単に説明させて頂きますと、例えば室内で冷気を出す場合は、室内の暖かい空気を冷媒という物質を通して室外に出す事です。室外機は熱を外に出すための大切な機械であり、この働きが十分に行う事が出来ないと冷房効率が落ち電気の消費量を増すばかりか、無理な運転を続けエアコンの寿命を縮める事にもなりかねません。室外機は邪魔で見苦しいものですが、非常に重要な働きをしている事を決して忘れてはなりません。

不用意にエアコンカバーを設置する事によって、大きな問題を引き起こす可能性があるという事を前提にエアコンカバーの設置を考えなければならない事はお分かり頂けたと思いますが、エアコンカバーを設置する以前に室外機の置き場所を検討する事から始まります。庭の美観に支障のないところに置く事ができれば問題ありませんが、どうしても避けられない場合はやはり何かの対策を講じる必要が発生します。このような時にはエアコンの換気効率を極力妨げないように大き目のサイズでしかも通気性を良くする事が必要です。また室外機の機能を妨げないように色々なアイテムを使い、室外機が直接見えなくなるように工夫する事で問題を解決する事ができる訳です。

近年の日本、特に都市部ではエアコンがなければ生活できない状況下のなか、どのお宅でも避けて通れる問題ではないが故に、またせっかく造った庭を最大限楽しむためにも、また自然を愛する方によって楽しまれているガーデニングの趣旨を間違わないためにも上手に工夫してエアコンカバーを設置して頂きたいと思います。


グリーンエコートップページ ガーデニングコラム
Copyright(c) 2005 GreenEcho.Co.Ltd. All Rights Reserved.                          Web Produced by GreenEcho