グリーンエコートップページ ガーデニングコラム

ガーデン後進国 『日本』

 最近ではようやくガーデニングと言う言葉も定着し普段の生活の中にもガーデニングを楽しむ方が増えて来ている状況ではありますが、世界の先進諸国の中でもまだまだ大きく遅れているのが現実です。ガーデニングに関して言うのであれば、我々が住んでいる日本はガーデン後進国と言っても決して過言ではないのが現実です。

 日本はもともと植物の宝庫と言われるくらい沢山の植物が自生している国であり、本来は庭先に植物など植えなくても何処にでも色々な植物があり、育てるという文化より共存、共生しているのが本来の姿であります。ガーデニングなどと言うものが流行しなくても、本当は自然の姿であるがままの自然と共生して行く事の方がより自然であり本当に必要な姿である事は間違いありません。

 ガーデニングで有名な英国などでは元々あった自然を人間の手によって壊してしまった為に発展してきた文化である事を前提に考えると、その様なガーデニング文化が発展していく事などありがたいものではありませんし決して歓迎できるものではありません。しかしながら、そうは言うものの現実はそんなに思うように行く訳ではありませんし、理想論を語っていても今さらどうにかなるものでもありません。文明が発達し日常生活が便利になればなるほど、古来からあった素晴らしい日本の文化から現代の、いや未来に向けて環境問題を含むガーデニングと言う文化を更に発展させなければいけないのがわが国日本の避けようのない現実の姿です。

 ガーデニング後進国である事をある意味では感謝して、今後のガーデニングをどの様に発展させて行くかは、我々ガーデン業者は当然の事ながら、ガーデニングライフを楽しむ皆様にも大きな責任があると常々肝に銘じている事であります。

 日本の文化は本来多くの素晴らしいものがありますが、歪んだ現代の生活から本当の事を見る目が失われています。いわゆる目にウロコがついていると言った方が解り易いでしょうか。今流行っているガーデニングは物事を表面的にだけ捕らえる傾向が強く本来の植物を育てる事など全く重要視していない場合が多いのは非常に残念な事であります。それ故あえてガーデン後進国『日本』と言わせて頂きましたが、今後植物を育て人間と共生して行く文化を発展させて行く事は、ガーデニングの歴史が浅い日本だからこそまだまだ大きなチャンスがあるのでないでしょうか。

 緑多き植物の宝庫である日本を、どんなに文明が発展しようとも後世に続く子孫の為にもガーデニング先進国になる事の重要性を認識して、古来から続く植物と共存できる状態をより一層発展させ、世界レベルでもトップクラスのガーデン先進国なる事を夢見てやまない気持ちを解って頂ければこれ以上の喜びはありません。


グリーンエコートップページ ガーデニングコラム
Copyright(c) 2005 GreenEcho.Co.Ltd. All Rights Reserved.                          Web Produced by GreenEcho