グリーンエコートップページ ガーデニングコラム

食料危機

 『食料危機』・・・なんと物騒なタイトルであり、一見ガーデニング等とは程遠い話にみえますが、全く縁の無い話ではありません。私がガーデニングの仕事を始めたきっかけの1つに無農薬有機農法との出会いがありますが、植物栽培という概念でこの事を捕らえれば、花を楽しむかまた花を咲かせ実を結実させ収穫する事も最終段階が違うだけで、この2つは全く同じであると言っても過言ではない事は、ガーデニングファンの皆様ならもうご理解頂けた事と思います。

 日本の食料自給率はいったいどれ位あるかと申しますと、カロリーベース(熱量)で約40%だと言われており60%を輸入に頼っている計算になります。先進国の中でも最も低い事を殆どの方が知らないのが現状では無いでしょうか。世界の人口が発展途上国を中心にまだまだ増えると予想される中で、また農耕地がそれほど増える可能性が無い中で将来を予測すれば必ず食料が足らなくなる事は簡単に予測する事が出来ます。工業国である日本は金銭的に豊かだからと言って外国に食料を依存し食料自給率を上げる努力をしない事は発展途上国で食料問題を抱える国の人々達に対し正に無責任で自分勝手な国家である事を再認識する必要があるのではないでしょうか。その上お金があるからと言って必ず食料を手に入れる事が出来る等と考える事は非常に愚かな考えであります。

 最近では狂牛病や鳥インフルエンザなどの新しい病気が発生していますが、これもそもそも無理な形で飼育している事から、また餌なども本来動物が食べるべきものを与えてない事が原因ではないかとさえ言われています。自然の摂理という基本を忘れ、人間の自分勝手な都合だけで物事をとらえれば必ずその歪が出てくるのは当然の事であります。この様な事に関しても将来の私たちの生活を維持するために、食糧危機の問題は真剣に考えなければいけない重要な事ではないでしょうか。

 幸い人間は本来草食動物であると言われていますが、ガーデニングと食物栽培を関連付けて考え、食の大切さを実感できるのが我々が趣味として楽しんでいるガーデニングであり、またその中から食の大切さを学びとる絶好のチャンスであると常々考えています。キッチンガーデンという言葉も既に耳に慣れ実践している方も少なくないことが救いでありますし、花を楽しむだけのレベルから花から実をつけそれを食すところまでレベルを上げればガーデニングももっと有意義になるに違いありません。

 花を咲かせる事はごまかしは通用しますが、食すために安全で美味しい物を作る事はごまかしはききません。食料危機などとあまり気負っても仕方ありませんが、楽しんで食物栽培をする事によって少しでも人間が生きていく上で食が大切である事が解れば、今日本が抱えている問題は自然に解決していく事でしょう。人間は何を差し置いても食べる事が大切で食料がなくなればその生きていく事すら出来ない事を決して忘れず根本である基本を是非皆さんにも感じて頂きたいものです。

グリーンエコートップページ ガーデニングコラム
Copyright(c) 2005 GreenEcho.Co.Ltd. All Rights Reserved.                          Web Produced by GreenEcho