グリーンエコートップページ ガーデニングコラム

 素人に触らせない庭

 私が日常の仕事の中で庭をデザインし施工するにあたって、最も気をつけていることの中の一つに、どの様にしたらお客様に庭に出て時間を過ごして頂き、また植物を触って頂けるかという事を最も重点において考えるようにしています。お客様にはガーデニング初心者の方から上級者の方、また最初から自分で管理される方もみえれば年間管理まで依頼されるお客様まで多岐にわたりますが、いずれにしてもガーデンライフを思う存分楽しんで頂き、家族の健康と幸せの為の庭を提唱している私にとりましては、皆様に是非庭に出て頂いて木々や草葉に触れて頂きたいと常々思っている事であります。

 庭に対する考え方は本来、居住空間である室内から庭を眺めたり、庭に出る事があっても散策して眺めるような傾向が強かったのが、古来から日本にある庭文化である事は紛れもない事実です。また庭をもてるのは一部の上流階級の人間だけに限られ、庶民には高嶺の花、いや無縁であったといっても決して過言ではありません。当然金持ちの上流階級相手ですから構想から制作また管理までもが造園業者の仕事であり、当然の事ではありますが素人が触る機会などあまりありえないのが現実でした。

 しかしながら近年ではガーデングがブームにもなり、お客様自身が庭に出て実際に植物に触れまた楽しむ事が主流になってまいりました。逆に言うとこの事が庭を造る上で非常に難しい問題になっている事は決して否めない現実です。簡単に言えば出来うる事ならお客様が全て庭造りをされるのが理想ですが、構造物や樹木などの大掛かりな工事は道具や技術なども必要でなかなか出来るものではありません。また植物に対する知識も乏しい場合も決して少なくありません。かと言って住人不在で庭を造る事は、非常に危険でお客様のライフスタイルに合った庭にならない危険性も充分考えられます。その点を十二分に考慮して庭の構成をしなければ違和感を感じる庭になる事は明白です。

 従来からの考え方の庭が決して悪い訳ではありませんが、目に見えないコンセプトやお客さまのニーズ等を上手く取り入れる事は避けられない要素のひとつです。造り手のエゴや狭い視野で、お客様に提供する事は業者側も、お客様側も充分注意する必要があります。近代的な西洋ガーデンでも同じ事が言えますが、ビジュアル的なものに騙され後から大変な事になるケースも決して少なくありません。

 いずれにしても現代の庭文化は過去のものとは違い時代と共に変遷してきている事は間違いありませんし、我々造園(ガーデン)業者のエゴに左右されない庭造りを考えて頂きたいと思います。そして触らせない庭から、触る事が楽しくなる庭を造り続けるのがこの文化を更に発展させる重要な秘訣です。触る事は難しい事ですが、その難しささえ忘れるような庭をお客様と共に造りたいものです。また触る庭こそがこれからのガーデニングを担う考えになる事は明白な事実です。皆様も是非庭造りに参加して頂き庭に出て触れて頂くのが私のささやかな夢です。

グリーンエコートップページ ガーデニングコラム
Copyright(c) 2005 GreenEcho.Co.Ltd. All Rights Reserved.                          Web Produced by GreenEcho