グリーンエコートップページ ガーデニングコラム

見た目に騙されるな

 ガーデンを施工するにあたり雑誌を参考にしたり、その他のメディアを利用してビジュアル的な部分について研究される事が殆どだと思いますが、大きな落とし穴に気付いていらっしゃらない方が多いのは、私が通常相談をお受けするお客様の中にも数あるケースです。

 確かにビジュアル的な要素は非常に重要なポイントであり、決してないがしろに出来るものではありませんし、庭を造る上で一番大きな要素である訳ですがそのポイントだけに固執しほかの要素を省みずに庭造りをすれば間違いなく後悔することは常々言っている事ではありますが、多くのお客様から相談を受けている状況を見ているといつも胸が痛む思いで一杯です。特に一番心苦しいのは既に庭を造られてしまったお客様で、出来あがったものが実際使ってみると本当に欲しかったものではない事に気付かれ、何とかしようとまた庭造りに悩まれている場合が特に顕著な場合です。

 造園業者とのコミュニケーション不足からおきる場合や、また業者の押し付けの場合または施主の認識不足から起きる場合等原因は様々ですが、私が一番強く思うところでは施主様は庭造りに対して知識がないのが当然でありますし、お客様の考えや気持ち等察する事が出来ない業者側の責任のケースが殆どです。業者側の庭造りのレベルには決して問題はなくとても素晴らしい庭であってもそれがお客様ご家族にとって最も適しているものとは限らないのが現実です。

 ビジュアル的にみれば決して悪いものではなく素晴らしい庭であっても、そこに実際に住みその庭を使われるお客様が気持ち良いものだと感じる事が出来る庭が最も素晴らしい庭ではないかと思います。作り手側の造園業者が使うわけではありませんので私の場合は特にその点に気を付けてプランをするように心がけております。

 まだ庭を造る前の皆様やこれから庭造りをされようとしている皆様には、是非そのような点に気をつけて頂きたいと思います。雑誌などのメディアを見ればどれも素晴らしいものばかりです。それぞれのデザイナーには個性があり甲乙など付ける事など出来ませんが、見た目だけに騙される事なく、コンセプトやライフスタイルまた考え方等目に見えない部分を最も大切に考えて頂きたいと思います。そんな相談にのって頂きデザイナーとのインスピレーションが合えば見た目に騙されず、きっと満足に行くものが出来るはずです。

 造り変えなどの事態に決してならない為にも大切なものを見つめて頂きたいと思います。

グリーンエコートップページ ガーデニングコラム
Copyright(c) 2005 GreenEcho.Co.Ltd. All Rights Reserved.                          Web Produced by GreenEcho