グリーンエコートップページ ガーデニングコラム

副作用と副産物

 『副作用と副産物』同じ副次的な効果でありながら全く正反対の意味でありますが、この言葉は私の微生物有機農法の師から常々言われていた言葉であります。「正しい事を行えば知らない所で必ず副産物が与えられるが、間違った事をすれば必ず副作用が起きるのが世の中の全ての物の常である。」この言葉は本来農業における植物栽培の事をさす言葉として指導を受けてきましたが、同じ植物を栽培するガーデニングの世界にもあてはまる言葉でもあります。

 私の師はもう既に他界していますが、この言葉は常に忘れることなく肝に命じて仕事をするように心がけております。ガーデニングの世界でデザインから始まり完成後の植物管理に至るまで、またそれ以外の日常生活においても同じで、皆様も改めて言われれば少しは理解いただける事だと思います。

 ガーデニングにおける『副作用と副産物』は私が仕事をしていく上で、お客様とのコミュニケーションから施主が気付かない細部まで探し出しデザインを行う事で最も明確な結果が出る訳ですが、この言葉をないがしろにして利益追求だけに走ったり、日頃の慣れから手を抜いた状態で仕事に望めば必ずお客様にとって不満足なものになる事は明確です。お客様が気付く事がなくても必ず副作用があり、いろいろな場面で沸々と湧き上がってくるものです。逆に初心を忘れず精一杯尽くし考えたプランはビジュアル的に気に入って頂くだけでなく出来上がった後も十分満足して頂き、気付かないところで副産物が与えられます。造り手にとってもこの上ない喜びであることは言うまでもありません。

 また皆様がガーデニングを楽しみ植物栽培を実践していく上でも非常に重要な事であります。何が正しい事で何が正しくない事なのかを判断する事は非常に難しい事ですが、当たり前の正しい事を教えてくれるのがガーデニングを楽しむ事であると思いますし、またそれがガーデニングを実践する事の副産物であるとも言える訳です。

 当たり前で正しい事を行えば植物が私たちの心を癒してくれるだけでなく、多くの副産物を与えてくれ心豊かな暮らしが出来るわけですが、人間のエゴで自分は正しいと思っていても客観的にみて正しくない事を行えば庭が滅茶苦茶になるだけではなく金銭的な損失や精神的なダメージなど多くの副作用が起き、結局はガーデニングブームに乗せられただけで植物栽培の楽しみなど全く味わえない結果が待っているだけです。せっかく庭を造る事が出来一つのチャンスを与えられた以上はそれを最大限に有効利用する事が出来れば素晴らしい人生は約束されたものも同然ではないでしょうか。またどこか行き先を間違えてしまっている私たちに教えてくれるのがガーデニングではないでしょうか。

グリーンエコートップページ ガーデニングコラム
Copyright(c) 2005 GreenEcho.Co.Ltd. All Rights Reserved.                          Web Produced by GreenEcho