グリーンエコートップページ ガーデニングコラム

プランニングのポイントVol.5 コンセプト

 今回は庭創りにとって最も重要でありながら、最も粗末に扱われているコンセプトやテーマについて触れていきたいと思います。

 庭をプランニングする時に、色々な要素を考慮しながらその作業を進めていく訳ですが、
プロでさえも大切にしている人が少ない、もっとひどい言い方をすると『無視している』のが、『コンセプト』です。
 ガーデンデザインと言う言葉は、世の中にすでに浸透している訳ですが、プロの世界でも、デザインと言う物を理解せずにプランニングを進めていくのが現実のようです。

 私達はお客様からお金を頂いて、仕事をさせて頂いている以上、プロとして見た目にも美しい庭を作るのはあたりまえですが、プロ及び一般の皆様共に共通して重要な物は、その庭の持つ『コンセプトやテーマ』だと思います。

 常々私が言っている庭の持つ意味等を考慮して考えると、資材や樹木及び植物をただ並べるだけでは、ただのガーデニングカタログに成り下がってしまう恐れさえあるんではないでしょうか。確かにガーデンをプランニングすると言う事は豊富な知識を必要としますが、ご家族だけで考えて作られている庭の中でも、時折、はっとするような庭を見かける事もあります。そんな時はプロとしてももう一度初心に返って考えなさいと言われているような気がしてなりません。

 いずれにしても、レベルが高いとか低いとか言う問題は大して重要な問題ではないと言う事です。庭の持つ意味をしっかり考え、その家に御住まいのご家族にとって、意味のある物であると言う事が最も重要であると言う事です。

 目に見えない物や言葉に出来ない事が最も大切であると言うのは、きっと庭にある木々や花達がそれを教えてくれる事でしょう、またそれと共に生涯暮らしていくのが本当のガーデンライフである事は明白です。

皆さんもそんな『コンセプトやテーマ』を大切にしてガーデンデザインにチャレンジされてみてはいかがですか。
 
 きっとあなたとご家族に最も似合った素敵な庭が出来ると思いますよ。私も影ながら応援させて頂きます。

グリーンエコートップページ ガーデニングコラム
Copyright(c) 2005 GreenEcho.Co.Ltd. All Rights Reserved.                          Web Produced by GreenEcho