グリーンエコートップページ ガーデニングコラム

植物は商品じゃない!

 近年のガーデニングブームも落ち着き、ガーデンライフを楽しむ方も増えてきた訳ですが、園芸業界は不景気も手伝って年々衰退して行っているのが現状です。なぜ流行し浸透しかけた文化が衰退の道をたどっているかは、人間の植物対する視点だけの問題であると言っても決して過言ではありません。

 ガーデニングファンの皆様なら既に感じている事とは思いますが、最近の園芸店では欲しい植物が購入できなくなってきています。現実に私も花卉市場で仕入れする事もありますが、植物の出荷の少なさには危機感すら感じています。

営利目的だけの園芸店が増え続け、植物の本質を見失っているが為にディスカウント合戦を行い生産者を苦しめる事によって、生産者の労働意欲さえ無くしてしまい縮小傾向になっています。純粋にガーデニングを楽しもうとしている皆様にとりましても危機的状況にあるのは間違いない現実である訳です。

販売側にも非常に大きな問題はありますが、消費者である皆様にも原因がある訳でこのままにしておくと間違いなくガーデニングを楽しむ事も非常に難しい事になってしまうのは簡単に予測できる事であります。

『植物は商品じゃない』・・・この意味を解っていらっしゃる方は私の危惧している事も理解して頂けると思いますが、本来植物は自然界に自生しているもので諸外国から輸入したり生産して販売するものでもありません。しかしながらそんな究極の話をしたところで何の意味もありませんし、第一その事を否定すればガーデニング自体も楽しむ事が出来なくなってしまいます。ただ核にある真意だけは理解しておく必要があるのではないかと言う事です。人間にも命があるように、植物にもそれぞれの個の生命がある事を、当たり前ではありますが提案していく事が我々ガーデニング業社をはじめとする業界の責任であるわけです、また消費者の皆様ももっと厳しい目でガーデニング業界を見ていく事が必要です。

私が庭をデザインし施工させて頂いたお客様には色々なアドバイスをさせて頂きますが、ガーデニングは決して難しい事ではありませんし楽しみ方によっては2倍にも3倍にもいや何乗にもなる事を説明させて頂きます。最大のポイントは『植物は商品じゃない』という事ですが簡単に言えばご家族やお子様がいらっしゃるように、またはペットがいるように、木々や草花の数だけ家族が増えたという事を念頭に置いて頂く事です。家族や仲間が増えるという事は頼もしい事ですし、繁栄の源であります。

人間社会で一人では生きていく事が出来ないように、また人間だけではなく自然界の全ての物がバランスを取り合って生命の営みが存在する事を前提に置く事こそがガーデニングを楽しむために最も必要な事は紛れもない事実です。

植物を商品と捉えず一つの生命だと理解する事が出来れば私たちの生活もより一層豊かになり人生も滋味豊かなものになる事でしょう。

グリーンエコートップページ ガーデニングコラム
Copyright(c) 2005 GreenEcho.Co.Ltd. All Rights Reserved.                          Web Produced by GreenEcho