グリーンエコートップページ ガーデニングコラム

強くなる害虫たち

 ガーデニングライフを楽しんでいらっしゃる皆様方の悩みの一つに害虫との戦いがある訳ですが、もともと害虫などと言う虫など存在しません。
全ての生物には生きる権利があり、また全てのものがバランスを取り合って生態系を構築している事など、ガーデンファンなら当然知識としてあるはずですが、現実的にはなかなか理想的な形にはなりえないのが現実です。
植物栽培を楽しむと言う意味においてはどうしても我々人間の邪魔になるものは取り除かなければいけないのが、悲しい事ではありますが現実と言うしかないでしょう。自然と共存して行くという意味においては程遠い矛盾する状態を維持している事が現代の私たちのガーデニングです。

 そんな害虫と呼ばれる者達がどの様な状態で進化しているかは、皆様はご存じない方が多いのではないかと思いますが、害虫の立場になってみれば種の存続を衰退させる事なく繁栄させるために日々進化し環境に適応するべく努力をし続けているのが自然の当たり前の法則です。

 ではいったいどの様な事になっているかと申しますと、農薬を使えば使うほどその農薬に対して抵抗力をつけ、より強い種になろうと必死で戦っているのが現実です。害虫と呼ばれる者達であっても、我々人間と同じでまさか子孫を絶やしたいと思っているような物達は決している訳ありません。むしろ自分や子孫を絶やさぬ様必死に策を考えるのはご理解頂けるはずです。
本当であれば自然界の中にバランス良く色々な生物が存在しまた共存をしている訳ですが、人間による自然破壊によって住む場所がなくなり我々が住んでいる地域で生きる他ない訳ですし、逆に言えばその者達が住む場所に勝手に入り込み、さも我々人間が先住民の様な錯覚を起こしていると言っても決して過言ではありません。

 自然の姿を見れば良く解りますが野山にある植物達が虫達によって丸坊主になるまで食害を受けているような姿は殆ど見受けられません。
自然に健康に育った植物達は健康で仮に虫達の食害にあっても再生する力を持ち合わせていますし、その虫達とて全部食べてしまっては全滅してしまう事くらい充分に知っています。

 人間による開発によって逆に緑化の大切さが唱えられ緑多き住環境つくりが推進されてはいますが、その反面害虫による人に対する被害を軽減するために農薬の使用を繰り返し続けています。
おかしな話で緑は増やせ、しかし人間に害がある者達は抹殺しろと自然の摂理とは大きくかけ離れた事を平気で行っているのが我々人間です。その結果虫達は環境への適応能力を身に付けるために、どんどん農薬に対して抵抗力を持ってきているのが現実でそんな事すら気付かずにいる我々がどれほど無知で低俗な生物であるかを思い知るべきなのです。

 自然を守るために緑を増やし、人間を守るために農薬を使う。本当は人間を守るために緑を大切にし、我々人間のために農薬を使わないで置く事が全く逆の解釈で推移している事に気付き、また自分達だけが生き物でない事を認識し早く手を打たないと、どんどん農薬は効かなくなり、最後は人間にも大きな害があるような農薬を使わなければならなくなる時が来るかも知れません。
害虫たちを農薬で殺す事は、結局我々人間を抹殺するために使っている、いたちごっこの様な気がしてなりません。造園業界にいる人間ならこんな事は充分知っていますが、せめてガーデニングを楽しまれる皆様位には、今のこの現実をお伝えし、決してどうする事も出来ないのが現実ですが、心の隅にでもしまっておいて頂ければ幸いです。

グリーンエコートップページ ガーデニングコラム
Copyright(c) 2005 GreenEcho.Co.Ltd. All Rights Reserved.                          Web Produced by GreenEcho