グリーンエコートップページ ガーデニングコラム

多年草

 ガーデニングの華やかさを演出してくれるグランドカバーを大きく分けると一年草と多年草に分ける事が出来ますが、一年草ほど派手ではありませんが長年にわたり楽しむ事が出来る多年草はガーデニングを楽しむ上で欠かす事のできない植物のひとつです。

 多年草とは文字通り何年も生きる草花の事であり毎年の植え替え作業をしなくても良い植物です。多年草のほかに宿根草という言葉がありますが、この2つの言葉はほとんど区別がないものと解釈して良いですが、イメージ的には多年草は何年も生きることから常緑で一年中同じ姿をしているようなイメージで、宿根草は冬に地上部が枯れ根が生き残りまた翌年もとの姿に戻るようなイメージで捉えて頂ければさほど問題ありません。学術的にはこの言葉の使う場面が違い同じではありませんが、一般的な発想は同じであると言えるでしょう。

 多年草にもそれなりの特徴がありメリット及びデメリットがある訳ですが、特徴的な例を挙げると一年草と違い季節ごとや毎年の植え替え作業が軽減できるという事です。本来の自然界の姿では植え替え作業などありませんので、より自然な形で植物栽培が出来ると言う事です。日本人の忙しい生活様式を考えるとある意味適した植物であると言えるでしょう。しかしながら逆に植え替え作業が発生しない事からそれに伴う楽しみはなくなり、それと同時に植え場所を良く考えて選定する事が重要です。場所を間違えるとまた環境を考えずに植えるとせっかくのメリットも生かせませんのでよく調べて頂きたいと思います。

 苗も生長が遅いものが多く生産に時間がかかるために一年草に比べると比較的価格も高いのが短所ですが逆に言えば毎年の植え替えをコスト等で考えるとお値打ちであるとも言えるでしょう。また園芸店などで一年草のように華やかに花を咲かして販売しているものが少ないので意外に目が行かず見過ごされてしまうものも決して少なくありません。よく注意して見て頂けば以外に良い物が見つかる事もあります。季節はずれの宿根草などはディスカウントコーナーなどによく置かれているので安く買えた時などには結構得した気分になるかも知れません。

 他にデメリットもある訳ですが多年草の中でも冬に地上部が枯れてしまうものも意外に多く、冬季のガーデニングのにぎやかさを求めたれる方はコンテナなどの他の方法で華やかさを演出する必要があります。また何年も生きる訳ですので選定等の作業は重要な事になります。

 多年草にも他の植物と同じで長所短所がある訳ですが、多年草の特徴をよくつかみ理解する事によってよりガーデニングを楽しんで頂ける事が出来るでしょう。またいくら植え替えの手間が省けるからといって、庭を多年草だけで構成するのではなく一年草や樹木などと上手く調和させる事が重要でバランスを保つ事を心がけるようにして下さい。見た目は地味でそれぞれが控えめにしているものも少なくありませんが、個々の長所を上手く生かすことがガーデニングを成功させる秘訣です。

グリーンエコートップページ ガーデニングコラム
Copyright(c) 2005 GreenEcho.Co.Ltd. All Rights Reserved.                          Web Produced by GreenEcho