グリーンエコートップページ ガーデニングコラム

コニファーガーデンの功罪

 コニファーと言えば、ゴールドクレストをはじめすっかりお馴染みになっている植物でガーデニングを趣味にされる方なら知らない方はいないほど広く一般に知られている植物です。またコニファーの苗木はコンテナガーデンなどで主軸にされる植物でもあり日本全国何処の園芸店に行っても売られている商品でもあります。

 見慣れた形と入手のし易さまた庭のデザインを構成する時に形が明確であり使い易い面もありどうしてもコニファーを使いがちですが、忘れてはいけないのがコニファーの基本的な性格です。コニファーを日本語に直すと針葉樹という言葉に訳すことが出来る訳で、ここまではどなたでも容易に理解する事が出来ます。コニファーには数多くの種類や形状がありますが、一般的に日本では杉や桧などを代表とするように非常に高くなる木が多く、本来は一本だけで自然界に生息するものではなく、群れをなして分布するのが一般的です。

 ここで一番注意したいのは樹木の高さが著しく大きくなるものが多いのが特徴的な樹種であるという事です。剪定などの管理である程度高さや大きさが抑えられる樹種なら問題ないと思いますが、コニファーのように本来それ自体が持っている形が最も重要で剪定が難しく上に勢いよく伸びるものは長期的な視点でみるといずれ維持できなくなる状態になりますのである程度の時期に植え替え等、大きく手を加えないとならなくなります。広い土地でダイナミックな庭を造れる場合は問題もあまりないと思いますが、日本の一般的な住宅の条件下ではコニファーをあまり多用する事はおすすめできません。

 コニファーに関して一番提言したい事のひとつに冒頭でも少し触れさせて頂きましたが、コンテナガーデンに使用したゴールドクレストを庭におろし植える事です。コンテナガーデンに多様されるゴールドクレストは大きくなるとそれ自体の構成が難しくなり生きているからといって庭に地植えされるケースが非常に多くあっという間に大きくなり、それだけならまだ良いのですが、本来コニファーは群生していて沢山の本数で全体を支えあっているもので根が思いのほか小さく、台風などの強風ですぐに倒れてしまう特徴があります。風に対して非常に弱い植物でありますので、それらの事に対しても対策を十分とっておく事が重要です。

 以上のようにコニファーは樹形が美しく素晴らしい眺めを創り上げる事が出来ますが、それぞれの樹木の持っている長所短所をよく理解し上手く使う事に注意を払う必要があります。基本的な事を認識してコニファーガーデンを造れば美しい眺望の庭が出来る事は間違いありませんが、特徴的なものであるが故により深く考えて植える事をお勧めします。

グリーンエコートップページ ガーデニングコラム
Copyright(c) 2005 GreenEcho.Co.Ltd. All Rights Reserved.                          Web Produced by GreenEcho