グリーンエコートップページ ガーデニングコラム

風土を考えたガーデニング

 日本列島は南北に長くそれ以外にも地域や地形によって多種多様な気候がありますし、わが国の最大の特徴に四季がありますので、一般的な植物などの情報を日本全国の方が共有する事はきわめて難しい事でありますが、現状ではそれらの全てがひとくくりにされています。

 雑誌や図鑑などの多くは本州の温暖な地域をモデルにしたものである事は言うまでもありませんが、それらの温暖な地域の中にも多種多様な気象状況や環境などがあり植物の適応条件を一口で片付ける事はあまりにも危険であり愚かな事でもあります。あくまでも目安にしかならない事を根底に置いて参考にする事が重要な事です。

 以上の事などは情報文化の発展に伴う一つの弊害でありますが、情報だけに留まらず物流なども発展して日本全国が時間的に非常に小さくなってきているだけでなく、大きな視点で見れば世界でも同じ事が言えます。メディアやインターネットの普及さらには輸送方法なども非常に早いスピードで発展している事に我々がついて行けず大きな勘違いをする様な状況にすらなっているのが現状です。

 ガーデニングを実践する上で最も大切な事は皆様がお住まいになる所の風土をよく理解する事です。流行の花や見た目の好みだけで植物を選ぶ事は冒頭にも説明させて頂きましたが、非常に大きなリスクがあり失敗してしまうだけでなくガーデニング自体がつまらないものになってしまう恐れすらありますので事前によく考慮する事が非常に重要です。ガーデニングをする場所の風土を良く考えて尊重すれば必要な植物も見えてくるはずですし、難しい事を実践して綺麗でない庭を造るより、どんな植物であれ生命力を感じるような成長を見る事の方がガーデニングを楽しむ事の真髄であるはずです。

 私も庭造りのプロでありますので多くの植物の知識があり、珍しいものを沢山知っていると言う事でお客様には尊敬される事もしばしばありますが、あまり意味の無い事かも知れません。本当に必要な事はその場所に最も適したものを選択できる知識の方がはるかに重要です。昔からそれぞれの地域に自生していたような植物を使えば一番風土に適したものであるはずですが、どうしても人間の主観的なものの見方が優先されて方向性を誤った事になりがちな風潮を少しでも改善して頂ければ幸いです。輸入された草花でもその植物の原産地などの風土を考えれば決して悪い訳でもありませんので近年の世界情勢の発展を味方につければもっと幅も広がります。

 最近では温暖化などの影響もあり、それらの事も考慮する対象に入れなければなりませんがデザイン性などの見た目だけの問題から少しだけでも風土を考えたガーデニングを実践すれば、驚くような差が出る事に気付くはずです。自然をこよなく愛するガーデニングファンであるが故に自然に近い姿でガーデニングを楽しむ事が最も核心を突いたレベルの高いガーデニングになるはずです。皆様もほんの少しだけご自分の住んでいらっしゃる地域の風土を考えてみては如何でしょうか。


グリーンエコートップページ ガーデニングコラム
Copyright(c) 2005 GreenEcho.Co.Ltd. All Rights Reserved.                          Web Produced by GreenEcho