グリーンエコートップページ ガーデニングコラム

やっかいな洗濯物

 私がガーデンデザインを行うときに殆どのお宅で問題になるのが洗濯物を干す場所をどうするかという事です。毎日服を着なければ暮らしていけない我々人間にとって、その大切なものがやっかいなものになるのは、良く考えればなんとも不思議な事であります。

 庭には使用目的や考え方、ライフスタイルなどにより多岐にわたりますが、いずれの場合も人間が暮らしている敷地の空間を使って造るものですので、どうしても避けられない事も多くあります。例えば生活に必要な日用品やガーデン資材、洗濯物などは代表的なものであります。

 日用品やガーデン資材などの収納の可能なものはある程度物置などのスペースに収納できますので対策はありますが、洗濯物は収納するものではありませんし、ある程度のスペースが必要な事からどうしても広い空間である庭などに頼らざるを得ません。特に洗濯物は晴れた日には太陽の光にあててしっかり乾かしたいものですが、晴れた日には同じくガーデンライフを満喫できる日でもありますので、どうしてもそれらの要素が重なる事は避けられません。

 しかしながら見た目を重視した古来からの庭園のスタイルなどでは、お客様に対するおもてなしの意味もありますので生活観がなるべく出ないように心がける事が重要で洗濯物もやっかいなものになりますが、しかしながら最近ではガーデンライフを楽しむ事が広く皆様に浸透してきて、庭での過ごし方も日々の生活と密着してまいりましたので洗濯物も庭の一部という考え方も出来る訳です。

お客様により様々な考え方がありますが、基本的には洗濯は建物の1階で行われますのでそのまま庭に出て干す方が労力も最小限ですみますが、諸問題があり通行する方などから見られたくない場合や治安が悪いために思っているような所に干せない場合もあります。外からの視界を遮ったり庭の中に入れないような工夫も必要ですし、それらの問題を解決できない場合などは2階のベランダに干したりする場合も少なくありません。

 それぞれのお宅でそれぞれの考えがあり、一番違和感のないような形で解決する事が最も適しておりますが、一つだけ言える事は洗濯物は決してやっかいなものではないという事です。デザインなどを工夫して庭造りをすれば生活感がある身近な庭になるはずですが、誰もが絶対に必要な洗濯物であるが故にあまり厄介者にせず、仲良くしていく事が出来れば洗濯物でさえ庭の風景の一部になる事は間違いありません。

グリーンエコートップページ ガーデニングコラム
Copyright(c) 2005 GreenEcho.Co.Ltd. All Rights Reserved.                          Web Produced by GreenEcho