グリーンエコートップページ ガーデニングコラム

鉢選びの基礎とポイント1(基本概念)

 ガーデニングを実践しまた楽しんでいく上で切り離せないものに鉢(植木鉢)があります。庭をお持ちの方も鉢はよく使いますが、ベランダでガーデニングを楽しまれていらっしゃる方は特に重要なアイテムになります。しかしながら鉢については、一般的に興味が少なく知識が乏しい場合が多くその結果ガーデニングの本来の楽しみを十分満喫できていない場合も少なくありません。

 まずはじめに鉢の本質を理解する事から始まりますが、そもそも鉢植えは本来地面に直に植える事とは、ある意味全く別の事と認識しても問題ありません。植物は本来地面に根を下ろし移動する事はありませんが、鉢で栽培する事によって移動が可能になります。この事は実際に地面がないベランダや室内などでも植物を楽しめる有意義なものでもありますが、鉢の持っている意味を十分認識し、メリットやデメリットを理解すれば鉢を使用したガーデニングも十分楽しめる事が出来ます。

 鉢を使用する事のメリットは上記でも触れましたが、最大の長所は移動が可能であるという事と地面がないベランダや室内でも植物栽培が出来るという事です。その上最近ではデザイン性の優れた鉢も多く流通しておりますので、鉢そのものが私たちの目を楽しませてくれると共にガーデニングの楽しみもより深くなってきています。

 メリットは私たちにとって誰でも理解できる事ですが、逆にデメリットはなかなか認識する事が難しく見逃しがちになる訳ですが実際にどのような事があるかと申しますと、直接地面に植えたものではありませんので、根の張り方に制限があるという事が根本の問題になります。また通常の場合地面は雨がふった後しばらくしても水分をある程度保つ事が出来ますが鉢の場合は直接地面とは接していないために植物の葉から水分が蒸発する事や土や鉢自体から水分が蒸発する事によって水管理が難しくなります。潅水の仕方一つで根の育成にも大きな影響があり、制限された土の量と合い重なって本来植物が望んでいる成長とは大きくかけ離れたものになる可能性も多分にあるのが現状です。

鉢植えの植物は自然界にはない人工的な環境で育てる訳ですので、植物栽培に必要な環境を我々人間の手でいかに自然に近い状況を作り出すかによって大きく左右されますが、逆にそれらの事を認識すれば鉢植えのガーデニングも十分楽しめることができます。まずは基本的な概念を考えて頂く事が鉢植え栽培にとって最も重要な事であります。

グリーンエコートップページ ガーデニングコラム
Copyright(c) 2005 GreenEcho.Co.Ltd. All Rights Reserved.                          Web Produced by GreenEcho