オトギリソウ
名称 オトギリソウ
別名 小連翹(しょうれんぎょう)
学名 Hypericum erectrum Thunb
科名 オトギリソウ科 オトギリソウ属
種類 多年草
草丈 20〜60cm
花期 7〜9月
花色 黄色
特徴 山野や路傍の日当たりの良い場所に自生する多年草です。花は茎の先端につく径1.5センチほどの一日花で葉は対生し、裏に斑点があります。火傷、切り傷、虫さされ、扁桃腺炎のうがい薬などその効果は多岐にわたっており、入浴剤としても利用されます。和名「弟切草」は秘密の傷薬を他に漏らしたため兄によって斬り殺されたという伝説に由来します。
注意点

        
 Copyrights(c) 2006 GreenEcho.Co.Ltd. All Rights Reserved.               Web Produced by GreenEcho