グリーンエコーこだわり植物図鑑

ハルリンドウ
名称 ハルリンドウ(春竜胆)
別名
学名 Gentiana thunbergii
科名 リンドウ科リンドウ属
種類 二年草
草丈 5〜15cm
花期 3〜6月
花色 淡青色から紫青色
特徴 北海道から九州の日当たりのよい、やや湿った山野に自生しています。根生葉は長さ約2cmの卵形でロゼット状に開き、その中心から花茎が数本が集まって立ち、茎葉は長さ1cm幅0.6cmほどで対生しています。花は単一もしくは数個で頂生しており、長さ2〜3cmの漏斗状鐘型で上向きに開きます。蕾は螺旋状にねじれ、花冠の先は五裂し、内側には茶褐色の斑点があります。陽の光に敏感で曇っていたり夕方になると花が閉じます。根を乾燥した物を薬用にし、漢方ではこれを竜胆(リュウタン)と呼びます。
注意点

        
 Copyrights(c) 2006 GreenEcho.Co.Ltd. All Rights Reserved.               Web Produced by GreenEcho