コウホネ
名称 コウホネ
別名 カワホネ
学名 Nuphar japonica
科名 スイレン科コウホネ属
種類 耐寒性多年草(水生植物)
草丈 20〜30cm
花期 6〜10月
花色 黄 赤(ベニコウホネ)
特徴 池や沼、小川などにはえている日本原産の水生植物です。地下茎によって増えますが、地下茎の内部が白色で骨に似ている事から名前がつきました。
黄色の少し小さめの花がとてもかわいいです。最近では自生するものは少なくなってきているようです。花が終わる頃には赤緑色に変色してしまいます。
注意点 育てる時は鉢植えにして、やや深めの水槽(深さ20cm以上)に沈めると良いです。あまり浅めの水槽に入れると、葉が水上に立ち上がってしまいますので、水に浮かんだ姿を見たい時は深めの水槽に入れましょう。
日光がよく当たるよう育てる場所に気を付けて下さい。
ボウフラが発生しやすいので、メダカなどを一緒に入れると良いですよ。

        
 Copyrirhts(c) 2005 GreenEcho.Co.Ltd. All Rights Reserved.               Web Produced by GreenEcho