グリーンエコーこだわり植物図鑑

ミズバショウ
名称 ミズバショウ(水芭蕉)

別名
学名 Lysichitum camtschatcense
科名 サトイモ科ミズバショウ属
種類 多年草
草丈 10〜30cm
花期 5〜7月
花色 緑色
特徴 早春を飾る代表的な花で、兵庫県以北の日本海側に分布し、低地から山地の湿原や水辺に自生しています。多くの自生地は天然記念物などに指定され保護されています。花は発芽直後に葉間中央から開いた、純白の仏焔苞(ぶつえんほう)と呼ばれる苞に包まれており、花弁4枚からなる小さい花の集合体です。花後に葉が80cmほどに成長します。これがバショウ(芭蕉)の葉に似ていることから名前がついたといわれています。
注意点 有毒植物なので注意が必要です。葉などの汁にはシュウ酸カルシウムが含まれ、肌に付くとかゆみや水ぶくれを起こします。また、根茎は吐き気や脈拍の低下、ひどい時には呼吸困難や心臓麻痺を引き起こす危険があり、絶対に服用してはいけません。

        
 Copyrights(c) 2006 GreenEcho.Co.Ltd. All Rights Reserved.               Web Produced by GreenEcho