サネカズラ
名称 サネカズラ(実葛)
別名 ビナンカズラ(美男葛)
学名 Kadsura japonica
科名 マツブサ科サネカズラ属
種類 常緑つる性木本
草丈 5〜15cm
花期 8月
花色 黄白色
特徴 関東以西の丘陵地帯の広葉樹林に生育しています。葉は長さ5〜13pで幅2.5〜6pの卵形もしくは楕円形をしており、無毛、先端はやや尖り、縁に鋸歯があります。若枝は赤紫色を帯びますが、古いつるはコルク層の皮層が発達しています。夏になると葉腋から直径1.5pほどの花が長い柄の先に下垂して開きます。また果実は赤く熟して集合してつき、直径が2〜5pの球状となります。樹皮の粘液を整髪に使用したため美男葛という別名があります。
注意点

        
 Copyrights(c) 2006 GreenEcho.Co.Ltd. All Rights Reserved.               Web Produced by GreenEcho