シラタマホシクサ
名称 シラタマホシクサ
別名 コンペイトウグサ
学名 Eriocaulon nudicuspe
科名 ホシクサ科ホシクサ属
種類 一年草
草丈 20〜40cm
花期 8〜10月
花色 白色
特徴 葉の先端の白い綿のような小さな花が、星やコンペイトウに似ているため名前がつきました。花は5〜10mmくらいで、一つ一つは香りが弱いですが、たくさん集まると良い香りがするようですよ。日当たりの良い酸性土壌の湿地に群生して生えます。
注意点 現在では東海地方の限られた湿地のみに生えています。湿地の減少や環境の変化により減少し、絶滅危惧種に指定されています。自宅で育てるのは無理みたいですね。東海地方の湿地地帯に見に行きましょう。

        
 Copyrirhts(c) 2005 GreenEcho.Co.Ltd. All Rights Reserved.               Web Produced by GreenEcho